御菓子司きくもとや

topics

Message

暑中お見舞い申し上げます。過酷な暑さが続いております。皆様、お身体にくれぐれもお気を付けてお過ごし下さい。

スイカ、花火、風鈴、蝉の音…風情がある夏が、暑さの余韻で少し遠く感じられますが、きくもとやでは季節限定の夏のお菓子を取り揃えております。
是非、しばしの涼と癒しを感じていただけたら幸いでございます。

2018年 残夏

四代目 村上賢太郎
トピックス

ドリップ大福-御菓子司きくもとや

和味茶味 季節の12種(上生菓子)-きくもとや

きくもとやの涼を運ぶ夏の和菓子

涼を運ぶ夏の和菓子

この時期だけしか味わうことのできない、地元ならでは旬の素材を手間ひまを惜しまずに繊細な和菓子に仕上げました。ぜひ、味だけでなく色や香りも楽しんでください。

詳細ページへLinkIcon

ひごのらくがん

作りつづけて百余年きくもとやの代表銘菓「ひごのらくがん」

独自の製法でしっとり、やわらかい口あたりと自家製餡の風味の良さと美味しさでお客様にご好評いただいております。極上抹茶の香り漂う「八十八夜」紫蘇と塩味が絶妙のピンク色のらくがん「春日野」もございます。

詳細ページへLinkIcon

monaka.jpg

ふたつ菊最中

岡山県産の備中大納言を使用した味わい深い粒あんの最中でございます。糯米の香ばしさが残るように最中種にもこだわり、焼き加減も少し強めにしております。

詳細ページへLinkIcon

きくもとやの〈夏の定番〉水ようかん

〈夏の限定品〉竹水ようかん

口にいれるほどけるような口溶けの水ようかん(大納言鹿の子豆入り)地元で採れた竹筒に流し込み笹の葉でくるんだ、手土産にも喜ばれる一品です。

詳細ページへLinkIcon

きくもとやの亀甲型らくがん

〈WEB限定〉亀甲型らくがん

サイト限定商品登場です。熊本産のらくがん粉を使ったしっとりやわらかならくがんの中にはたっぷりの自家製餡と栗をまるごと1粒いれました。

詳細ページへLinkIcon

dora01.jpg

:: Check! :: ふんわり黒糖蒸しどら焼き

『蒸す』和菓子ならではの製法で作った蒸しどらは焼き上げたタイプと比べふんわりやわらかく卵の風味が生きています。又、余分な油を含まず低カロリーでヘルシーな一品でございます。
〈*素材をさらに吟味し、リニューアルしました。味わいがさらに深く美味しくなりました。〉

*期間限定商品 につき店頭に無い場合がございます。ご予約の方は、お問い合わせくださいませ。

詳細ページへLinkIcon

甘酒まんじゅう

甘酒まんじゅう

自然発酵の甘酒にくまもとの地酒(香露)を加えた生地に十勝小豆の自家製餡を包んでふっくらと蒸し上げました。幅広い年齢のお客様にご愛顧頂いております。

詳細ページへLinkIcon

きくもとやおすすめのお菓子img

〜ちょいと手みやげ〜 年通商品

定番焼き菓子から餅菓子、茶席にご使用いただく干菓子など季節を問わずお求め頂き、皆様にご好評を賜っていますお菓子をご紹介しています。きくもとやの葛湯『宇治の里』(上記写真)には 極上の京都・宇治の抹茶をふんだんに使用した本当に贅沢な葛湯です。

詳細ページへLinkIcon

きくもとやの厳選素材

厳選素材

一つ一つの商品の為に職人の厳しい目で選んだ素材です。御菓子の美味しさは素材の味の素晴らしさがあってこそだと私達は考えます。

詳細ページへLinkIcon

t_hasso.jpg

全国発送承り商品

全国各地へひごのらくがん・ふたつ菊もなかをはじめとするきくもとやでしか味わえない出来たての美味しさを宅配便にて敏速にお送りします。是非ご利用下さい。

詳細ページへLinkIcon

くまもとの極上栗

くまもとの極上栗

地元でしか採れない自然にめぐまれた熊本ならではの数多い食材、その中でも和菓子にはかかすことの出来ない食材の1つ『栗』
地元でさえも手にすることのできない、こだわりの栗を紹介します。

詳細ページへLinkIcon

きくもとやの慶弔引菓子

慶弔用引菓子

お慶びの祝儀菓子からお供え用の仏事菓子などお客様の御用途に応じた引菓子をご用意致します。

詳細ページへLinkIcon

t_rekishi2.jpg

きくもとやの歴史

先代からの教え、写真と共に残るもの・・・
きくもとやの御菓子とお店の歴史を綴ったページです。

詳細ページへLinkIcon

きくもとや店舗の御案内

店舗案内

お店の紹介と各お店までの地図を掲載しております。
お問い合わせはこちらの連絡先へお気軽にどうぞ。

詳細ページへLinkIcon

t_blog01.jpg

きくもとや通信

Blog始めました。少しづつですが、お客様に伝えたい事や商品の事などを綴って行きたいと思います。どうぞ、よろしくお願い致します。

詳細ページへLinkIcon